ローフードとは

 

 Raw(生の)Food(食べ物)のことをいいます。

生で食べることにより、植物の酵素や栄養素を効果的に摂れて、健康や美容・ダイエットにも効果が出ている食事法です。
アメリカのセレブの間でも流行り全世界に広がっています。

 

 

生で食べることの意味

 

私達人間には消化酵素と代謝酵素があります。
消化酵素は、食べたものを消化するため分泌されます。たとえば、アミラーゼ、ペプシン、リパーゼなどです。
もうひとつが代謝酵素です。身体では止まることなく生命活動がされています。

 

呼吸、血液を動かす、毒素の排泄、栄養のとりこみ、ホルモンの分泌などその全ての働きは代謝酵素が関与しています。
現代の食事は、欧米食が増え、肉類、加工食品、乳製品、お菓子、などを食べることが多くなりました。これらの食事が多い方は、

消化酵素をたくさん使うため、代謝酵素に使う分が少なくなります。

そうすると、代謝が低下し、疲れ、眠い、風邪をひきやすい、肩こり、頭痛、体調不良......
そして病気になる方もいます。

 

生の野菜・果物を多く摂取しますと、それを消化するためには、体内の消化酵素はあまり必要としません。

(野菜・果物には食物酵素があり自己消化する)

 

そうすると、体内では代謝酵素が十分に働き、代謝が盛んになります。毒素排泄が盛んになることで、体調改善、ダイエット、

美肌、健康になってゆく方が多く見られます。
このような理由で野菜・果物を生で食べる RawFoodの効果があるのです。

 

ローフード監修

 

 

日本リビングビューティー協会認定   ローフードマイスター認定校 講師:道田迦喜呼

 


 

ローフードマイスターとは

 

健康・美肌・ダイエット・体調改善にも効果的なローフードの基礎知識から始まり、日本食の歴史からローフード栄養学、

実際の調理の講座受講を経てローフードマイスター検定2級→準1級→1級→eラーニング→認定校の段階で学ぶ。

最終的には認定校の資格を取得した者のみ認定校講師として認定され食の改善を伝えていく。

講師:道田迦喜呼

 

            ナチュ・ライフ 代表 道田 迦喜呼(みちだ かよこ)

            1951年1月19日生まれ

              福岡市在住


 

5年前、原因不明の体調不良に陥った際にナチュラルハイジーン』というアメリカの

健康理論に出会う。

その食事療法を実践した結果、西洋医学では改善が見られなかった病状が劇的に改善する。

その後、食の大切を痛感し、『ナチュラルハイジーン』食事法を伝えていくことを決意。

30年間勤めていた会社を退職し、ローフードマイスターの資格を取得できる認定校を開講する。

 

現在は福岡市今泉にて火曜日限定のローフードカフェを営業。

20146月には自身のスキルを高めるべくフランスへ短期留学。

各種レッスンや講演活動、ファスティングアドバイザー・食事指導等で活動中。

 

メディア2015年1月にTNC ももち浜ストアに出演。(温活の乾燥生姜について)